中高生から伝えたい お金の話「概要編」

【結論】人生には、お金が必要

生きていくのに必要なモノの1つ

それは「お金」です。

生きていくのに必要なのはお金だけじゃない

勿論、そうです。

ただ、お金があれば安心です。

ということで、実体験を踏まえながら「お金の話」をしていきたいと思います。

その時、時代によって蓄えていく情報は随時更新していきたいと思います。

将来、自分の子どもや仕事上の子ども達にも伝えていけるような

内容にしていきたいと思いながら記していきたいと思います。

なんでお金なのか

それは、私がおっさんになってきて、日々ひしひしと

「なんだかんだお金かかってくるじゃんか・・・」

「先行き不安だな。うまくやりくりしていかないとマズイ・・・」

と思ってきたからです。

自分でいうのもなんですが、そもそもはお金にはあんまり興味ない人間でした。

でも、そんな私でさえ「やっべーぞ・・・👆」となった訳です。

お金お金?って、何にかかるのよ?

歳をとっていくと色々お金使うんです。

というか、掛かってくるんだなって((+_+))

学校で教えてくれればいい項目の1つに思います。

もし親になったら子どもに絶対伝えますね。絶対。

全てではないでしょうが、サラリーマンが実感できるものを記しますね。

①家、車、保険、ローン

②生活費(衣食住)、固定費(水光熱など)、通信費(スマホ代など)

③税金(社会保険料、所得税、住民税、固定資産税、年金積立金など)

④結婚式、お葬式

⑤出産、入院、養育費(育児、進学など)

⑥人生を楽しむためのお金(旅行、食事、ネトゲ、本など)

⑦その他(引越し、デート、ギャンブルなど)

大体、こんな所かなと思います。

税の種類に関する資料
税の種類に関する資料

じゃあ、いくらくらいかかるのよ?

2.16億円!だそうです

(厚生労働省の令和元年簡易生命表では、男の平均寿命は 81.41 年、女の平均寿命は 87.45 年)

月30万の収入が60年あって、まかなえる数字です!

仮の計算イメージ

「支出」60年 1ルームひとり暮らし(仮)

生活費を少なく見積もってみると大体「月13万」

(例)家賃5万、食費3万、水道電気ガス1万、スマホ1万、娯楽3万

13万×12か月×60年=9.360万円

これに人生3大支出と言われる「家、車、保険の支出」を加えたり

結婚、育児、年金、毎月のローン(借金)、突然の費用(冠婚葬祭・病気など)

ケースバイケースですが、一体いくらかかるのか・・・

正確にはわからない!

まじめに言うと、人ぞれぞれのライフスタイル、寿命によって変わってきます。

ただ、億単位でかかってくる計算です。

上の計算は、最低限で、ずっとワンルーム13万ってなんだよっていう数字です。

現実的ではないかなと思いますね。

ただ、ちょっと参考にしてもらえたらと思います。

支出については、自分の人生に何かあったら9.360万円で済むわけがない…

そんなイメージは持っていただけるのではないかと思います。

4. 人生とお金 ─ I. 人生のデザインとお金 ─ 大学生のための 人生とお金の知恵|知るぽると
大学生が身につけたい人生とお金の知恵につ...

令和元年度の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると

男女、一般労働者の賃金は「307.7万/年」だそうです。

令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況について紹介しています。

お金の話は、続いていきます

堅苦しい話でしたが

と・に・か・く

【若い時から備えていった方がいいよ】

そんなことを、いち早く伝えていきたいと思っています。

先に歳をとっている分、伝えたいと思うんです。

学校や親も教えてくれませんでした。

だけど、私は自分の子どもには絶対に教えていきます。

そんなことを、これからブログに書いていきたいと思います。

(弟夫婦には知りうる知識を伝えています)

今後のテーマ

どうやって、上手にお金のやりくりしていけばいい?

どうやって、少しでもお金を増やしていけばいい?

どうやって、支出を適正にしていけばいい?

「節約ばっかなんてつまんない」への考え方

銀行に貯金?いやぁ~それダメだわ

賃貸か、家を買う?

マンションか、一軒家?

住宅ローンは、固定金利or変動金利?(元利均等or元金均等)

生命保険、車の保険、家の保険はどうしていくのがいい?

リセールバリューという考え方は色々なことに使える

単独かまとめてかになるか分からないですが

ちょっとずつ、記事にしていきます。

また🦒

*貯金とネット証券会社(楽天証券)の口座を開設しておいてください

コメント